<「DC難民」、個人型加入を>

7月24日     おはようございます

確定拠出年金「DC」関係者の間で「DC難民」と呼ばれる人たちがいる。
新たに積立できず、費用がひかれ続ける「自動移動者」と「運用指図者」だ。

3月末で合計約115万人と個人型DC「イデコ」加入者の2.7倍にのぼる。

不利な状態を脱するには早期のイデコ加入が大切だ。

DCは加入者以外は不利になる

〇イデコ加入者    掛け金を拠出、全額が所得控除
運用益も非課税
〇自動移管者    転職などで企業型DCを脱退後、
6か月超放置した人。
掛金の拠出も運用も不可。

〇運用指図者   個人型DCに加入していたが転職などで
加入資格を失った人など。
掛金の拠出は不可。
運用益は非課税

※ 資産増えず手数料

自動移管者と企業型DC加入していた人が転退職後、6か月以内にイデコ加入などの手続きをしなかった人。
資産は自動的に現金化されイデコ運営主体の国民年金基金連合会に移される
運用されず資産が増えないが、手数料は年に612円引かれる。

以上のように、内容を知らないと大変損なことが起こっている
事すらもわからずに、いざ貰おうとしたした時にほとんど給付金がないと言う事になりますよ。