<個人所得税「配偶者控除と配偶者特別控除」>
6月8日    おはようございます。
いわゆる「103万円の壁」を意識して、配偶者の一方が働く時間を調整する夫婦は少なくありません。
そこで、配偶者特別控除を拡大することで、就業調整を意識することなく働ける仕組みを構築する目的で、配偶者控除、配偶者特別控除が改正されました。
改正内容
※ 配偶者控除
配偶者控除は、現行では一律38万円「老人控除対象配偶者は48万円」ですが、納税者本人の合計所得金額が900万円「給与収入1120万円」を超えると適用できなくなります。
※ 配偶者特別控除
配偶者特別控除の対象となる配偶者の合計所得金額は38万円超76万円未満「給与収入103万円超141万円未満」ですが、改正後は38万円超123万円以下「給与収入103万円超201.6万円未満」となり納税者の合計所得額と、控除の対象となる配偶者の合計所得金額の組み合わせで控除金額が増減するように見直されます。なお、現行と同様合計所得金額が1000万円「給与収入1220万円」を超える納税者については適用できません。
適用
所得税は平成30年度分から、個人住民税は平成31年度分から適用されます。
「特に注意事項」
① 制度が難しくて、最初は混乱することがあると思います。
② 配偶者の収入を正しく記入「自主申告の為」を間違えたり
不正な金額を記入すると「マイナンバーが入っているので正確な金額が税務署が把握されていると思いますよ」
問題が起きることになります。
③ あくまで、給与所得者は手取りが多ければいいのですが
社会保険料や住民税等控除される官庁が異なる為、私たち専門家も疑問を持つことが多い制度のように感じます。
是非、素人の方も「おかしいな?」と思ったら専門家に「コメント」でご相談ください。